【ボランティア活動】ふれあいまつりのお手伝いをしました

7月31日(日)三刀屋町古城のしゃぼんだま工房、パレットで「ふれあいまつり」が行われ、三刀屋高校の3年生3名がボランティアで運営のお手伝いをしました。
DSCF8228

 

 

 

 

 

 「ふれあいまつり」は子どもからお年寄りまで幅広い世代の交流と、障がいへの理解と、偏見のない地域社会を目指して、雲南広域福祉会が主催となって毎年行われている地域の行事です。
DSCF8230

 

 

 

 

 

DSCF8234

 

 

 

 

 

 

まつりは午前の第1部と午後の第2部に分かれ、ステージイベントやショップ、バザー、クイズラリー、模擬店、体験コーナー、展示コーナーなど盛りだくさんの楽しい催しがありました。

総合受付を担当した加本さんは、500人を超える来場者にクイズラリーの案内をしたり、抽選権を配布したり、暑い中でも笑顔で対応していました。また、バザーを担当した万場さん・若林さんは品出しをしたり、会計を受け持ったり、他の係りの方と協力して働いていました。

 

「暑い中たくさんの人にふれあいまつりに参加していただき、また、クイズラリーにもたくさん来ていただいて、大変うれしく思いました。小さいお子さんにも喜んでもらってボランティアを通して自分自身も成長できたと思います。また、機会があれば、参加したいです。」(加本さん)