【JRC部】手話講習会を行いました

7月29日(月)に手話講習会を行いました。

講師に島根県ろうあ連盟 雲南市聴障者協会事務局長 若槻幸夫様と健聴講師 宮内真理子様に来ていただきました。
聴覚障がいとはどのような障がいなのか、また聴覚障がいの人はどのようにしてコミュニケーションをとっているのかについてのお話を聞くことができました。
手話だけでなく、筆談、口話、身振り、要約筆記、触手話、接近手話、指点字などもあることがわかりました。その後、手話研修では、挨拶、自己紹介、スポーツ関係の手話について学びました。

これからもJRC部の活動の中で手話を学び、聴覚に障害がいを持った方とも手話を通してコミュニケーションがとれるようにしていきたいと思います。