【書道部、美術部、文芸部】第42回全国高等学校総合文化祭及び第21回俳句甲子園出場にかかる雲南市教育長表敬訪問

8月2日(木)に、書道部の藤原さん、美術部の小池さんが8月7日(火)から長野県松本市、上田市で開催される全国高等学校総合文化祭出場の報告をするため、また文芸部の佐藤さん、林さん、糸川さん、中村さんが、8月17日(金)から愛媛県松山市で開催される第21回俳句甲子園(全国高等学校俳句選手権大会)出場の報告をするため、景山雲南市教育長様を表敬訪問しました。

書道部の藤原さんは、「入学以来総文祭の出場を目指して活動してきました。全国の人との交流を楽しみにしている。」、美術部の小池さんは「自分が小さかったころの思い出を造形に込めました。」と述べました。

さらに、文芸部の佐藤さんは「三回目の挑戦で全国出場をかなえることができた。持前のチームワークの良さを発揮して勝ち上がっていきたい。」とそれぞれが力強く抱負を述べました。

景山教育長様からは「全国の舞台に挑む強い気持ちが伝わってきた。特に文化活動は、人間性を高めるすばらしい活動で、今後の人生に生かせるものだ。それぞれの大会出場の機会を自分の人生のステップアップにしてほしい。」と励ましの言葉をいただきました。

 各部の全国大会での活躍を期待します。