【大会結果速報】吹奏楽コンクール島根県大会で「クシナダ姫の涙」

8月7日(日)にグラントワ(益田市)で行われた第57回全日本吹奏楽コンクール島根県大会で、高校Aの部(55名以下)に出場した三刀屋高校吹奏楽部38名は、自由曲で「斐伊川に流るるクシナダ姫の涙」(樽屋雅徳作曲)を演奏し、出雲神話の世界を音で表現しました。
20160809114955606_0001

 

 

 

 

 

 

 

「ヤマタのオロチ退治神話」に題材をとったこの曲は、先日アスパルで行われた全国総体ボート競技の開会式で本校吹奏楽部が演奏し、会場を魅了しましたが、今回はグラントワに斐伊川にまつわる壮大な古事記の神話世界を響かせました。

惜しくも上位入賞はできませんでしたが、次のステージではさらに大きな花を咲かせてくれることを期待しています。