【歌舞伎上演】演目:「五条橋」を鑑賞しました

11月9日(木)5.6限 三刀屋高校体育館で平成29年度 文化芸術による子どもの育成事業(芸術家学校派遣事業)「歌舞伎上演 in三刀屋高校」が開催されました。

講師:「NPO法人 伝統文化みらい塾」立花志十郎(話者、演者) 蓑田弘大(三味線、長唄) 堀内紀宏・花柳琴臣(演者)

【歌舞伎上演<演目:『五条橋』> & ワークショップ】
① “牛若丸”のできるまで (役者が化粧をし,衣装を着てかつらをのせるまでを解説付きで見る,またその中で「歌舞伎」にまつわる話を聞く)
DSC05658

 

 

 

 

② 歌舞伎の化粧実演 (歌舞伎の代表的な化粧“隈取り”を講師が実演、講話)

③ 歌舞伎のせりふ実演 (実演を通して、歌舞伎の表現方法や芝居の雰囲気を見る)

 

④ 長唄三味線の実演 (長唄三味線の実演を解説付きで鑑賞する)
DSC05745

 

 

 

 

⑤ 『五条橋』上演 (長唄に合わせた立ち回り(殺陣)等の表現に注目して鑑賞する)

 

【生徒の感想】
・初めて生で歌舞伎を見たり、化粧をしておられるところなど普段見ることができないところも詳しく説明してもらったので、新たな発見がたくさんありました。
・今日10分程度しか実演を見ることができなかったけど、すごく集中して見入ってしまいました。
・歌舞伎のイメージはとても難しくて、見ていても話が分かりにくいと思っていたのが、見ていてすごく楽しいし、かっこよかったです。
・今回の鑑賞会で歌舞伎の魅力をたくさん知ることができて、興味を持つことができました。もっと、いろいろなな演目を見てみたいと思いました。
・ずっと見たいと思っていた歌舞伎が学校の授業で鑑賞できたのはすごい事だなと思いました。
・三味線も生で聴いたことがなかったので、今日初めて聴いて、良い音だなと感動しました。他の楽器では出せないような独特の音色で、もっと聴きたいと思いました。
・今日は、初めてのことばかり体験することができ本当に良かったです。自分でも三味線を聴きに行ったり、歌舞伎を見に行ったりしたいと思います。