【野球部】島根県出雲地区高等学校野球大会で優勝!

5月25日(土)・26日(日) 平田愛宕山野球場で島根県出雲地区高等学校野球大会が開催され出場しました。

≪大会結果≫
2回戦 三刀屋 2-1 出雲
準決勝 三刀屋 2-1 出雲西
決勝  三刀屋 7-1 平田
【優勝(7年ぶり)】

≪顧問のコメント≫
春季大会決勝で敗れて以降、その悔しさを胸に練習を重ねてきました。
今大会ではその練習の成果を発揮し見事7年ぶりに優勝することができました。

初戦の出雲高校戦はスタメンをすべて3年生で固め臨みました。
先発景山が安定した立ち上がりでゲームをつくり、1点を先制されたものの藤原のタイムリーなどですぐに逆転、そのリードを景山-大谷-内田のリレーで守り切り初戦を突破しました。

準決勝の出雲西高校戦では序盤から出塁するもののあと一本が出ず苦しい展開になりました。
久しぶりの先発マウンドに立った渡部恭也が好投するも、6回にスクイズで失点し、なおも1・3塁の大ピンチに。
そこで救援したエース勝山がピンチを切り抜け、直後の7回に原のタイムリーで追いつき、8回には小池のバントヒットで勝ち越しました。
9回最後の守備では2死2塁からライト前ヒットを打たれあわや同点の場面で、ライトに入っていた渡部の素晴らしいバックホームでランナーを本塁で刺しゲームセット。
初戦同様2ー1で辛くも逃げ切りました。

決勝の平田高校戦では公式戦初登板となる岡田が期待に応え7回を0封。
攻撃陣も初回内田・岡田・布野のタイムリーで5点を先取し、中盤に長谷川のホームランなどで追加点を挙げ、結局7-1で勝利することができました。

苦しい展開の中でも終始笑顔で落ち着いてプレーすることができ、成長を感じることができる大会となりました。
ですが、課題はまだまだ山積しています。
次は6月の山陰大会。
まずそこでの勝利に向けて「本気の練習」をチーム全員でしていきたいと思います。
引き続きご声援いただきますようよろしくお願いいたします。