男子バスケットボール部

男子バスケットボール部の紹介

■目標
バスケットボールを通じて、体力・精神力を培うとともに、マナーや協調性を養う。また、県外遠征や練習の成果を発揮し、島根県大会優勝(全国大会出場)を目指す。

■近況
三刀屋高校男子バスケットボール部は県内でも有数のバスケット伝統校です。過去には県総体優勝4回、準優勝5回、3位16回と輝かしい成績を残しています。近年はH25年度新人戦で3位となり中国新人大会出場、H26年度の県総体で3位となりました。今年度は9名の新入部員は入り、3学年で23名とマネージャー3名の26名で活動しています。地元生徒を中心に県大会上位進出を目指し、日々練習に励んでいます。

■主な年間計画
【県内公式戦】
○4月;中国大会県予選、6月;県総体、11月;選抜県予選、12月;新人大会地区予選、1月;県新人大会

【近年実施した遠征・合宿・保護者会】
○5月;ゴールデンキャンプin三刀屋(県内外から高校チームを招いての練習会)、総体激励会(保護者会)
○6月;総体慰労会(保護者会)
○8月;県外遠征(京都)
○12月;年末県外遠征合宿(広島)
○3月;スプリングキャンプin三刀屋(県内外から高校チームを招いての練習会)

【三高カップ(三刀屋高校杯中学生バスケットボール大会)】
平成23年度から始めて昨年度(H31.3実施)で第8回目になりました。三刀屋高校の男子バスケットボール部が主催し、そのOB会の援助を受けて実施しています。
目的は、中学生のバスケットボール技術を高め、各チームの親睦・交流を図りながら、三刀屋高校の紹介をすることです。
第8回大会は、平成31年3月21日(木)、三刀屋文化体育館(アスパル)を会場に、雲南市内中学校4チーム(大東・木次・加茂・三刀屋)と市外中学校4チーム(大田一、湖北、平田、斐川西)を合わせた8チームを招待して試合をしました。主催者としては、中学卒業後は是非三刀屋高校に進学していただき、雲南のバスケットボールが結集していくことを願っています。

■活動日時
 ・平日;16:15~19:00
 ・休日;9:00~13:00または13:00~17:00
 ・休息日;月曜日(原則週1日)

■活動場所
 ・三刀屋高校 体育館、またはアスパル(三刀屋文化体育館)

■現チーム(6月の総体後から)のチーム目標
総体優勝
~当たり前のことをきちんとやる
 粘り強いディフェンス・切りかえ・リバウンド~
感謝・あいさつ

部員数

(R2.5 現在)
3年生:4名 2年生:11名 1年生:8名
女子(マネージャー)3年生:1名 2年生:1名 1年生:1名
男女合計:26

過去の実績等

○島根県高校総体 優勝(インターハイ出場4回;S46、63、H1、2)、準優勝5回、3位16回

○全国高校選抜大会 出場1回(S54)

○中国大会優勝 1回(S46)

○近年の結果
H26.1 県高校新人大会 第3位(中国新人大会出場)/ベスト5;坂田 雅弥
H26.6 県高校総合体育大会 第3位/ベスト5;巨勢 迅
H26.11 県高校選手権大会  第3位
H28.6 県高校総合体育大会 ベスト8
H30.1 県高校新人戦    ベスト8
H30.4 中国大会県予選   ベスト8
H30.6 県高校総合体育大会 ベスト8
R01.1 県高校新人戦    ベスト8

2020年度の活動

【男子バスケットボール部】6月14日(日)校内戦を行いました

6月14日(日)、三刀屋文化体育館アスパルで校内戦を行いました。 県総体が中止となり、3年生にとっては区切りとなる試合です。 6月に入り、短い時間ではありましたが練習を重ねてきました。 当日は、感染症予防対策を十分とった上で保護者にご来場いただき、盛り上がった試合になりました。

試合は3年生4人に1,2年生を入れたチームと1,2年生のチームで行いました。 出だしから3年生の気合いの入ったプレイでリードし、前半を39-31で折り返しました。 後半は1,2年生チームも対抗しましたが3年生チームの良いプレイが出て80-61で3年生チームが勝利しました。

全員が揃って試合をするのは最後になりましたが、一つの区切りとして良い思い出ができたと思います。