男子バスケットボール部

男子バスケットボール部の紹介

■目標
バスケットボールを通じて、体力・精神力を培うとともに、マナーや協調性を養う。また、県外遠征や練習の成果を発揮し、島根県大会優勝(全国大会出場)を目指す。

■近況
三刀屋高校男子バスケットボール部は県内でも有数のバスケット伝統校です。過去には県総体優勝4回、準優勝5回、3位16回と輝かしい成績を残しています。近年はH25年度新人戦で3位となり中国新人大会出場、H26年度の県総体で3位となりました。今年度は5名の新入部員は入り、3学年で29名とマネージャー3名の32名で活動しています。地元生徒を中心に県大会上位進出を目指し、日々練習に励んでいます。

中国高校新人バスケットボール大会の開会式H26.2

中国高校新人バスケットボール大会の開会式H26.2


■主な年間計画
【県内公式戦】
○4月;中国大会県予選、6月;県総体、11月;選抜県予選、12月;新人大会地区予選、1月;県新人大会

【近年実施した遠征・合宿・保護者会】
○5月;ゴールデンキャンプin三刀屋(県内外から高校チームを招いての練習会)、総体激励会(保護者会)
○6月;総体慰労会(保護者会)
○8月;県外遠征(京都)
○12月;年末県外遠征合宿(広島)
○3月;スプリングキャンプin三刀屋(県内外から高校チームを招いての練習会)

【三高カップ(三刀屋高校杯中学生バスケットボール大会)】
平成23年度から始めて昨年度(H30.3実施)で第7回目になりました。三刀屋高校の男子バスケットボール部が主催し、そのOB会の援助を受けて実施しています。
目的は、中学生のバスケットボール技術を高め、各チームの親睦・交流を図りながら、三刀屋高校の紹介をすることです。

第3回三高カップ(アスパルにて)H26.3

第3回三高カップ(アスパルにて)H26.3

第7回大会は、平成30年3月4日(日)、三刀屋文化体育館(アスパル)を会場に、雲南市内中学校4チーム(大東・木次・加茂・三刀屋)と市外中学校4チーム(松江四、湖北、出雲第二、斐川西)を合わせた8チームを招待して試合をしました。主催者としては、中学卒業後は是非三刀屋高校に進学していただき、雲南のバスケットボールが結集していくことを願っています。

■活動日時
 ・平日;16:15~19:00
 ・休日;9:00~13:00または13:00~17:00
 ・休息日;月曜日(原則週1日)

■活動場所
 ・三刀屋高校 体育館、またはアスパル(三刀屋文化体育館)

■現チーム(6月の総体後から)のチーム目標
総体優勝
~当たり前のことをきちんとやる
 粘り強いディフェンス・切りかえ・リバウンド~
感謝・あいさつ

部員数

(H30.5 現在)
3年生:12名 2年生:12名 1年生:5名
女子(マネージャー)3年生:1名 1年生:2名
男女合計:32

過去の実績等

○島根県高校総体 優勝(インターハイ出場4回;S46、63、H1、2)、準優勝5回、3位16回

○全国高校選抜大会 出場1回(S54)

○中国大会優勝 1回(S46)

○近年の結果
H22.1 県高校新人大会 ベスト4/ベスト5;上代 真央
H22.4 中国大会県予選 第4位/ベスト5;上代 真央
H22.5 中国大会出場 1回戦敗退
H23.1 県高校新人大会 ベスト4(2年連続)/ベスト5;舟木 光
H23.6 県高校総合体育大会 第3位/ベスト5;稲田 大輝
H24.1 県高校新人大会 ベスト4(3年連続)/ベスト5;小池 颯
H24.4 中国大会県予選 第4位(3位までが中国大会出場)/ベスト5;石飛将基
H24.6 県高校総合体育大会 第3位/ベスト5;内部 翔太
H26.1 県高校新人大会 第3位(中国新人大会出場)/ベスト5;坂田 雅弥
H26.6 県高校総合体育大会 第3位/ベスト5;巨勢 迅
H26.11 県高校選手権大会  第3位
H28.6 県高校総合体育大会 ベスト8
H30.1 県高校新人戦    ベスト8
H30.4 中国大会県予選   ベスト8

2019年度の活動

【男子バスケ】中国高等学校バスケットボール選手権大会島根県予選会に参加

4月13日(土) 浜田高校体育館で開催された平成31年度中国高等学校バスケットボール選手権大会島根県予選会に本校男子バスケットボール部が参加しました。

≪大会結果≫

 三刀屋57-58松江南

≪監督のコメント≫
県新人戦で敗れた松江南高校と再度対戦し、1点差という悔しい結果となった。
序盤は三刀屋ペースで試合が進み、前半終わって5点差でリードしたが後半勝ちを意識したのかシュートが入らなくなり、一進一退の攻防となった。
終盤相手選手3ポイントシュートが入り、逆転を許し、結果1点差の敗戦となった。
総体では悔いの残らない試合をしたい。