演劇部

演劇部の紹介

【部活の目標 】
面白い芝居を作る!そしてそれをより多くの人に観てもらう。それだけです。
【顧問より】
あまり知られていない高校演劇の活動。ぜひ一度ご覧ください。
【普段の練習内容 】
発声練習などの基礎練習。台本読み。立ち稽古。
普段は自由にのんびりとやっていますが本番直前になると猛烈に忙しくなります。

2020年度の活動

演劇部「ただ、今」(WEB総文出品作品)がデータ公開されました

7月31日(金)から高知県で開催されている第44回全国高等学校総合文化祭「2020こうち総文」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、大会史上初めて「WEB SOUBUN」としての開催となりました。8月2日(日)に島根県民会館中ホールにて上演した本校演劇部の作品「ただ、今」(1時間10分)も9月2日(水)にデータ公開されました。どうぞ、高校生の“今”をご堪能ください。

  三刀屋高校の作品「ただ、今」

 「2020こうち総文」公式サイト 

  「地元で上演、感謝しかない 三刀屋高演劇部 気持ち切り替え稽古」山陰中央新報(7月27日(月))

演劇部「WEB SOUBUN」(WEB総文)出品作品上演会

7月31日(金)から高知県で開催される第44回全国高等学校総合文化祭「2020こうち総文」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、大会史上初めて「WEB SOUBUN」としての開催となりました。全国12校の出場枠を勝ち取った本校演劇部は、出品作品撮影のため8月2日(日)15時30分から島根県民会館中ホールにて「ただ、今」の上演会を開催しました。会場には各校演劇部員の他、保護者の皆様にもお越しくださり多くの激励をいただきました。劇ではコロナ禍での日常を風刺する場面を取り入れるなどアドリブも交え、観客と一体となった上演を行いました。演劇部の皆さん、お疲れ様でした。皆様、ご声援ありがとうございました。 

 「2020こうち総文」公式サイト      

   三刀屋高校の作品「ただ、今」

 

 「地元で上演、感謝しかない 三刀屋高演劇部 気持ち切り替え稽古」山陰中央新報(7月27日(月))

「WEB SOUBUN」(WEB総文)に出場する演劇部に雲南会から激励金

7月31日(金)から高知県で開催される第44回全国高等学校総合文化祭「2020こうち総文」へ出場する演劇部に、雲南会から激励金を贈呈していただきました。

「文化部のインターハイ」とも呼ばれる全国総文祭は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、大会史上初めて「WEB SOUBUN」としての開催となりました。全国12校の出場枠を勝ち取った本校演劇部は、出品作品撮影のため8月2日(日)15時10分から島根県民会館中ホールにて「ただ、今」を上演します。入場には制限があるため皆様に観覧いただくことはできませんが、よい作品となるよう精一杯頑張ります。

 「2020こうち総文」公式サイト      

   三刀屋高校の作品「ただ、今」

「地元で上演、感謝しかない 三刀屋高演劇部 気持ち切り替え稽古」山陰中央新報(7月27日(月))