写真部

写真部の紹介

デジタルはアナログを超えるか?

写真の永遠のテーマかなと思います。超えるべく作品つくりをのほほんと。縦3本横3本画面を九つに切ってその交点に焦点を置く。真ん中に大事なものを置いてはいけません。真ん中に来るのは葬式の写真ですから。目の前でカメラを構えるのは愚。下から上から、斜めから。遠くをぼかして近接写真。思い切り日光に向けたアナログ超え写真。自由な発想は様々なことを可能にします。それで・・・・・何を表現したいのか。何を表現するのか、これも大切な課題です。

2019年度の活動

【写真部】高文連秋季写真コンクールの結果

10/18(金)大社高校にて「高文連秋季写真コンクール・講評会」が開催され、参加しました。

【特選作品】
 2年 岡田、小川、三成
 1年 梅木

【入選作品】
 2年 太田(2点)、小川、三成
 3年 土江

特選4作品は、県高校写真展への出品資格を得ました。
今回の講評会は、2年生の研修旅行の代休日と重なってしまったため、1年生のみの参加となりました。
プロのカメラマンから、写真を撮るうえでの基本姿勢などを教わることができました。
これからの活動につなげたいと思います。

 

【写真部】高文連春季写真コンクール講評会に参加

6月7日(金)高文連春季写真コンクール講評会がプラバホールで開催され参加しました。

≪大会結果≫
【特選】(計6点)
3年 土江(1点) 板垣(1点) 板垣(1点) 案田(1点)
2年 小川(2点)

【入選】(計13点)
3年 加納(1点) 谷口(1点) 土江(2点) 影山(1点) 藤原(1点) 内田(1点)
   恩田(1点) 内田(1点)
2年 太田(1点) 三成(1点)
1年 岡田(1点) 上代(1点)

≪顧問のコメント≫
特選に入った6作品については、県高校写真展への出品資格を得ました。
秋にももう一度このようなコンクールがあるので、一人でも多くの人が特選に入れるよう、がんばりたいと思います。